生活習慣病

血圧・コレステロール・血糖・尿酸値が
高いと言われ薬を飲んでいる方へ

生活習慣病で漫然と薬の内服を続けていませんか?

動脈硬化の程度を調べたり、
合併症を発症していないか調べたりすることも大切です。
何よりもまず、ご自分の生活習慣を見直したことがありますか?
生活習慣が改善できれば薬を減らせる可能性も出てきます。
この機会に一度、病気の見直しをしてみることもお勧めします。

血圧・コレステロール・血糖・尿酸値が高いと言われ薬を飲んでいる方へ

健診で異常を指摘された方へ

地域や職場で健診を受ける機会はあっても
結果をほったらかしにしていませんか?

症状がないからと言って放置するのはもったいないことです。
健診は受けた後が一番大切です。

健診で異常を指摘された方へ

採血・検尿異常

生活習慣病や貧血で異常を指摘されることが多いと思います。
当院ではどうしてその値が悪いのか?どの程度悪いのか?
どんな病気になる可能性があるのか?どのように管理すれば良いのか?
薬が必要なのか?をガイドライン・最新の知見をもとに説明し、
ともに改善する方法を考えたいと思います。

胸部レントゲン異常

胸部X線写真は、読影者の技術によって、結果が大きく異なる検査の一つです。この検査は専門医にみてもらうことをお勧めします。さらに詳しく調べる必要がある時には、隣接する名古屋市総合リハビリテーションセンター附属病院へ胸部CTを撮りに行っていただきます。
病状や予約状況によっては即日の検査・結果説明が可能です。

便潜血陽性・胃部レントゲン異常

大腸カメラや胃カメラ検査が追加で必要となることが多いです。
信頼できる消化器内科医をご紹介します。

心電図異常

心臓超音波検査や24時間心電図・運動負荷心電図が必要となることが多いです。信頼できる循環器内科医をご紹介します。

腹部超音波異常

原因は多岐にわたるので、追加で画像検査を行うなど状況に応じた対処方法を考えます。

いびきが気になる方へ

他人から「よくいびきをかいて眠っている」と言われたことはありませんか?
いびきはおおむね心配のないものから、注意が必要なものまであります。
注意が必要なのは、寝ている間に呼吸も止まっている、眠りが浅いために昼間に強い眠気を感じるものです。
睡眠中に10秒以上の呼吸停止が、1時間あたり5回以上ある状態を「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と言います。高血圧などの生活習慣病の原因や、悪化の原因にもなります。

正確な診断には、主に入院で脳波までを測定する終夜睡眠ポリグラフ検査が必要ですが、当院では自宅でできる簡易検査の機器を貸し出しています。簡単なセンサーを自分で装着して2日間眠り、機器を郵送で解析センターへ返すだけです。まずはご自分のいびきの程度を調べてみませんか?

いびきが気になる方へ

-料金の目安 –(保険3割負担の場合)

簡易検査(検査のみの料金) 約3,000円