喘息とCOPDのオーバーラップ(ACO)

気道の慢性炎症で咳や喘鳴が出る喘息とタバコ煙を主とする有害物質の長期吸入で気道が狭くなる慢性閉塞性肺疾患(COPD)は別々の病気ですが、これらの特徴を併せ持つ病態が存在します。この病態を喘息とCOPDのオーバーラップ(ACO=Asthma and COPD Overlap)といいます。COPDと診断されている人の2割くらいがACOであると考えられています。

■診断基準
・40歳以上で咳、痰、息切れなどの呼吸器症状あるいは肺機能検査で1秒率が70%未満
・胸部単純X線などで他の疾患が除外されていること
・さらには気管支拡張薬投与後の1秒率が70%未満であること

その上で

COPDの特徴 
以下の1,2,3の1項目があてはまる
1.喫煙歴(10pack-years=1日の喫煙本数/20本×喫煙年数以上)あるいは同程度の大気汚染暴露
2.胸部CTにおける気腫性変化を示す低吸収領域の存在
3.肺拡散能障害(%DLCO<80%あるいは%DLCO/VA<80%)

喘息の特徴
以下の1,2,3の2項目あるいは1,2,3のいずれか1項目と4の2項目以上があてはまる
1.変動性(日内、日々、季節)あるいは発作性の呼吸器症状(咳、痰、呼吸困難)
2.40歳以前の喘息の既往
3.呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)>35ppb
4.   1)通年性アレルギー性鼻炎
      2)気道可逆性(FEV11>12%かつ>200mlの変化)
      3)末梢血好酸球>5%あるいは>300/μL
      4)  IgE高値(総IgEあるいは通年性吸入抗原に対する特異的IgE)

 の両方があてはまる場合にACOと診断します。

■治療
新規にACOと診断された人は、吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の中から重症度にあわせて、薬を組み合わせます。

喘息と診断されていた人がACOと診断された場合はICS+LABAにLAMAを追加する。あるいはCOPDと診断されていた人がACOと診断された場合はLAMA+LABAにICSを追加するなどの方法があります。

2019年になって、ICS/LABA/LAMAの3成分の配合剤が発売されました。1つの吸入剤で一度に3成分を吸入することができるので、とても便利です。

喘息と言われているけど、COPDと言われているけど、なかなか病状が安定しない人はACOを疑ってみると良いかもしれません。