アスピリン喘息

アスピリン喘息は喘息の一種で、成人喘息の約10%にみられると言われています。重症な喘息のことが多いです。解熱鎮痛剤の使用やステロイド注射を行う際に注意が必要なため、自分がアスピリン喘息なのかを知ることは重要です。最近ではNSAIDs過敏喘息やAERD(aspirin-exacerbated respiratory disease)とも呼ばれています。

■症状と特徴
アスピリン喘息の症状や特徴として以下のようなものがあります。

・アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を摂取後30分から3時間で喘息の悪化や鼻のうっ血が出現する。
・過去に解熱鎮痛剤や湿布を使用した際に息苦しくなったことがある。
・喘息があって、鼻茸や嗅覚障害がある。
・その他には好酸球性中耳炎、好酸球性胃腸炎、異型狭心症様胸痛などを合併する。
・香辛料やミントでも喘息発作が出ることがある。
・女性に多く、典型的には20-40歳代で発症する。

■診断
アスピリンチャレンジテストもあるが、負担や危険性を考えると行う必要はなく、上記の症状と特徴で診断できる。

■治療
・基本的には一般の喘息治療を行う。
・ロイコトリエン受容体拮抗薬の積極的投与が勧められる。
・コハク酸エステル型ステロイド薬(ソルコーテフ、ソルメドロール、水溶性プレドニン)は使用しない。
・リン酸エステル型ステロイド薬(ハイドロコートン、リンデロン、デカドロン)は使用できるが、添加物に対する過敏症が起こることもあるため、急速静注せずに点滴でゆっくりと投与する。
・内服薬のステロイドがより安全である。
・耳鼻科的治療の併用が必要なことも多い。

■使用可能な解熱鎮痛剤
・COX-2阻害薬:ハイペン、モービック、セレコックス
・少量(300mg以下)のアセトアミノフェン
・塩基性抗炎症薬:ソランタール

ただし重症かつ不安定な時には、これらの投与も避けるべきである。