禁煙外来について

当院ではバレニクリン(商品名チャンピックス)を使用した禁煙外来を行っていましたが、2021年6月からバレニクリンが出荷停止となり、禁煙外来を休止していました。出荷停止の原因は他国に出荷された特定ロットに発がん性のあるニトロソアミンが混入していたことによります。日本で今まで処方されたバレニクリンの健康被害の可能性は低いと言われています。ファイザー社によると、出荷再開は早くても2022年の後半以降とされています。

■禁煙の重要性
喫煙は病気や死亡につながりますが、禁煙することで確実に予防できるものでもあります。
禁煙が重要であることは皆様ご理解されていると思いますが、

禁煙が難しい理由は
①身体的なニコチン依存
②喫煙の習慣
③たばこへの心理的な依存
が複雑に絡みあっているからです。

■禁煙外来でできること
禁煙外来では、これらの要因すべてにアプローチします。
現在バレニクリンは使用できませんが、ニコチンパッチやニコチンガムは薬局で処方箋なしで購入が可能です。
保険診療における禁煙治療で薬剤の使用は必須ではありません。薬剤を使用しなくても行動療法など、上記②③へアプローチすることができます。

コロナ渦で生活習慣が変化しているこの機会に、是非、禁煙してみませんか。
禁煙のご相談をお待ちしています。