睡眠時無呼吸症候群の検査が自宅でできようになりました!

寝ている時に
・いびきがうるさい
・呼吸が止まっている
と言われたことがある方は睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

▍睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?
睡眠中に10秒以上の呼吸停止や呼吸減少が、1時間あたり5回以上ある状態を睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndromes)と言います。
SASを放置すると、昼間の強い眠気からの交通事故、高血圧・不整脈・糖尿病等の悪化、突然死のリスクが高まります。肥満以外に短い頚、小さい顎、肥大した舌等の顎顔面の形態も原因になります。

▍睡眠時無呼吸症候群の検査方法
主な検査方法は2種類あり、今まで精密検査を行うには入院が必要でしたが、当院では検査会社と協力して、自宅での検査が可能となりました。

簡易検査
・血中酸素飽和度、脈拍、鼻口の気流、いびきを測定します。
・最重症の診断が出た場合にはすぐにCPAP療法となりますが、それ以下だと精密検査が必要になります。
・健康保険が適用され、3割負担で検査費用は約2700円です。

精密検査(終夜睡眠ポリグラフ検査PSG)
・通常、精密検査には入院が必要で費用も3万円ほどかかりますが、当院で入院なしで行うと健康保険が適用され、3割負担で検査費用は約12000円です。
・簡易検査に加えて、脳波を測定し睡眠の質を評価することが大きな違いです。体位による影響も測定します。
・簡易検査で最重症まではいかなくても、精密検査で重症と診断されれば、CPAP療法の適応となります。

▍CPAP(シーパップ)療法
睡眠時無呼吸症候群のもっとも代表的な治療方法で、器械からホースを通して鼻マスクへ空気を送り、その圧力で舌を持ち上げ気道を確保します。もっとも治療成績が良いとされています。この器械は健康保険でのレンタルとなります。
その他の治療方法には、日常生活の改善、体位の工夫、歯科装具の作成、耳鼻科的手術があります。

心当たりがある方はご相談下さい。