効率の良い栄養摂取法としてサプリメントや点滴療法をご用意。

瑞穂ガーデンクリニック

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。TEL.052-746-1120

サプリメントと点滴療法

人の体は食べた物からできています。つまり口から摂取し、腸から吸収した栄養素で体はできています。食事から十分な栄養素が摂取できれば問題ないのですが、なかなか難しいものです。効率の良い栄養摂取法としてサプリメントや点滴療法があります。
「何となくサプリを摂取しているが、自分に必要なものがわからない」
「便秘や下痢、肌の調子が悪く疲れやすいが病気ではないと思っている」
「とにかく食生活が不規則で何とかしたい、手っ取り早く栄養を整えたい」
「運動をしていてパフォーマンスを上げたい、疲れを早く回復させたい」
「今よりさらに健康になるために、プラスアルファで、できることをやっておきたい」
「アレルギー、がんなどの慢性炎症をできるだけ抑えて共存したい」方にお勧めします。

分子栄養学に基づいた栄養解析

一般的な健診結果と問診からも、あなたに足りない栄養素の予測はある程度可能です。今までに受けた健診結果を持参して下さい。分子栄養学に基づいて解析します。より詳しい検査はご希望があれば提案します。特殊な検査は米国へ検体を送るものもあります。副腎疲労、リーキーガット症候群など、一般の検査では異常のでない体の不調が存在します。これらの疾患は新しい概念で、米国や日本の一部のクリニックを中心に扱われています。腸内環境に問題があることが多く、疲れやすかったり、肌の調子が悪かったり、うつ病と診断されたりします。分子栄養学、抗加齢医学、漢方薬などを使用し解決を目指します。
*サプリメント相談:2000円/回
*サプリメント採血:15000円/回(分子栄養学的解析に必要な項目を採血し報告します)
*IgG食物アレルギー検査:30000円/回(リーキーガット症候群の診断に役立てます)

当院で取り扱うサプリメント

当院で使用するサプリメントは一般に流通していない日本製または海外からの輸入品となっています。市場に溢れるサプリメントは玉石混淆。この中から自分にあった良いサプリメントを選ぶのは至難の業です。良いサプリメントの選び方もご説明します。

点滴療法

点滴療法は、美容や疲労回復のためのプラセンタ注射やビタミン・ミネラル注射、パーキンソン病のためのグルタチオン点滴、がんのための高濃度ビタミンC点滴といった内容をご用意しています。
*点滴相談:2000円/初回

プラセンタ注射

プラセンタはヒト胎盤からの抽出物で、様々な生理活性物質を含んでいます。美白作用、新陳代謝の促進、抗炎症作用、抗アレルギー作用、保湿作用、線維芽細胞活性作用、ホルモン調整作用があり、美肌・疲労回復・更年期障害・肝障害などに効果があるとされています。プラセンタ注射は特定生物由来製品のため、この注射を受けると日赤を通じた献血はできなくなります。
*1A:1500円、2A:3000円 皮下注射

美肌注射

ビタミンC 1g、L-システイン、ビオチンを含み、美白と美肌に効果的な成分です。
*2500円 静脈内注射

スタミナ注射

ビタミンB群を高濃度に含む、いわゆるニンニク注射です。代謝の活性化、疲労回復、筋肉痛・神経痛に効果があるとされています。臭いが気になる方はマイルド、より体感を上げたい方はストロング、通常はレギュラーをお勧めします。
*マイルド:2000円、レギュラー:2500円、ストロング:3000円 静脈内注射

マイヤーズ点滴

マイヤーズ先生が考案した米国では定番のビタミン・ミネラル点滴です。喘息、慢性疲労、線維筋痛症、花粉症、片頭痛、耳鳴りなどに効果があるとされています。高濃度のビタミンB群と4g近いビタミンC、他にマグネシウム、カルシウムといったミネラルを含みます。筋肉の緊張をほぐし、代謝・免疫力を向上させます。疲れた時、風邪をひいた時、もうひと頑張りしないといけない時にお勧めします。
*5000円 点滴30分

グルタチオン点滴

グルタチオンは3つのアミノ酸(グルタミン酸、システイン、グリシン)から成るトリペプチドです。デトックス効果のため皮膚炎、中毒、肝障害に効果があるとされてきました。最近では高濃度のグルタチオン点滴が、パーキンソン病治療の新しい選択肢として注目されています。
*800㎎:3000円、1200㎎:4000円、1600㎎:5000円、2000㎎:6000円
点滴15分~30分

高濃度ビタミンC点滴

日本人の食事摂取基準では1日に必要なビタミンCは100㎎とされています。高濃度ビタミンC点滴では、12.5gから75gまでの、実に100倍以上ものビタミンCを投与します。この量を口から摂取することは困難で、点滴にしても輸入品となります。 美容・アンチエイジング目的であれば、12.5gか25gの点滴で良いでしょう。 抗腫瘍効果を狙ったがん治療が目的であれば、25g以上、場合によっては75gを週に2~3回ほどの投与が必要となるでしょう。投与量は血中濃度を測定して調節しますので、個人や病状によって異なります。抗癌剤投与といった一般のがん治療とともに受けることで、副作用の軽減が図れ、生活の質が向上すると言われています。また癌の種類によっては強い抗腫瘍効果が報告された症例もあります。この点滴を受ける前には副作用を予防するため、採血によるG6PD欠損症の確認が必要です。
*G6PD欠損症採血:5000円、血中ビタミンC濃度測定:4000円
*12.5g:8000円、25g:10000円、50g:15000円、75g:20000円
点滴30分~2時間

★サプリメントと点滴療法に健康保険は適用されません。すべてが自由診療となります。表示料金は全て税別の料金となります。